費用を安く抑えたい方はこちら

相続登記の原因日付

不動産についての相続登記を法務局に申請する際に作成する「登記申請書」には原因が発生した日を記載する必要があります。

相続の場合は、被相続人の死亡日がその原因日となります。

原因日は正確に記載する必要がありますから、当然戸籍をチェックして確認します。

ほとんどの場合、「死亡日 令和〇年〇月〇日」と記載されていますが、イレギュラーな場合として
「推定 令和〇年〇月〇日」
とか
「令和〇年〇月〇日から✕日までの間」
等と記載されているケースがあります。

こんな時は申請書になんて書けばよい?

そのまんま書けばOKです。

上記のケースでは実際にそのとおり申請し、出来上がった登記簿にもそのとおり登記されていました。

他にもイレギュラーな形式があるかもしれませんが、基本的にそのままで良いのではないでしょうか。

よくよく考えてみれば、死亡日が特定できないことは当然ありうることですし、登記的にもそのまま書く以外ないと思われます。

く~ちゃんネコ

あんまり悩む必要ないかも
確かに・・・

魚住紅音

ちなみに、法定相続情報一覧図を作成する場合の考え方も同様です。

法定相続情報証明制度について 当事務所にご依頼をご希望の方はこちら
 

免責事項をご確認の上、閲覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です